PR

ニュース 国際

フランス政府 来年の燃料増税、白紙に 抗議デモで、また譲歩

Messenger
フランスのフィリップ首相(ロイター)
フランスのフィリップ首相(ロイター)

 【パリ=三井美奈】フランスのフィリップ首相は5日、国民議会(下院)で「来年の予算案で、燃料税引き上げは断念する」と述べた。燃料税引き上げに対する抗議デモを収束させるため、再び譲歩を示した。

 首相は4日、来年1月に予定されていた燃料税の引き上げを「6カ月間凍結する」と宣言したばかり。これに対し、デモ隊から「増税の完全撤回」を要求する声が続出。8日には、4週連続となる大規模デモの呼びかけが広がっていた。

 ドルジ環境相は5日、ニュース専門テレビBFMで、「マクロン大統領と電話した。来年の燃料税引き上げは行わない方針だ。今後、国民や国会との協議で、環境施策を可能にする財政のあり方を考えたい」と述べた。

 抗議デモは11月半ばに始まった。今月1日には、パリでデモ隊が放火や投石を繰り返す騒ぎになった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ