PR

ニュース 国際

「ノーベルアタッシェ」が現地で支えた日本人受賞者の素顔は

Messenger
「ノーベルアタッシェ」として歴代の日本人受賞者らを支えたカイ・レイニウスさん(左)と妻の豊子さん=4日、ストックホルム(宇山友明撮影)
「ノーベルアタッシェ」として歴代の日本人受賞者らを支えたカイ・レイニウスさん(左)と妻の豊子さん=4日、ストックホルム(宇山友明撮影)

 【ストックホルム=宇山友明】ノーベル賞授賞式が10日(日本時間11日未明)、スウェーデン・ストックホルムで行われるのを前に、授賞式に臨む京大の本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授(76)も5日、同国に向け関西国際空港を出発した。同国で滞在する受賞者と家族を支えるのは「ノーベルアタッシェ」と呼ばれるスウェーデン政府の職員たちだ。元スウェーデン外交官のカイ・レイニウスさん(72)、豊子さん(62)夫妻は、アタッシェとして8人の日本人受賞者を支えてきた。夫妻が身近で接した歴代の受賞者たちの素顔とは…。

 「ノーベルアタッシェは、受賞者らが不自由なく過ごせるように身の回りの世話をし、プライベートを守ることが役割だ」。レイニウスさんは自らが果たしてきた責務をかみしめる。

 在日スウェーデン大使館勤務を終え帰国した1985年、米国の受賞決定者のアタッシェに任命された。アタッシェは各受賞者に対し1人を配置。公式行事が行われるノーベルウイーク中は無償奉仕が基本だが、外務省職員なら誰もが目指す憧れの役職だ。「一回でも務められたら十分だった」とレイニウスさん。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ