PR

ニュース 国際

改革開放40年シンポジウム 「日本が積極的な役割」 中国大使館、経団連共催

Messenger
改革開放40周年を迎えるにあたり開催したシンポジウムで基調講演を行う中国の李肇星元外相=3日、東京都千代田区の経団連会館(三塚聖平撮影)
改革開放40周年を迎えるにあたり開催したシンポジウムで基調講演を行う中国の李肇星元外相=3日、東京都千代田区の経団連会館(三塚聖平撮影)

 中国が改革開放政策を導入してから40周年を迎えるにあたり、日中の経済・貿易協力の歴史を振り返るなどするシンポジウムが3日、経団連と在日中国大使館の共催で東京都内で開かれた。中国の程永華(てい・えいか)駐日大使は冒頭あいさつで、「中日関係の40年間にわたる発展の歩みの中で、中国の改革開放を支持する日本の措置は積極的な役割を果たした」と強調した。

 基調講演で福田康夫元首相は、日中関係について「大変前向きな状況が出来上がってきている」と指摘。その上で「日中の政治が安定していることは、世界全体に良い影響を与える可能性がある」との認識を示した。一方、中国の李肇星(り・ちょうせい)元外相は「中日両国はともに新たな発展段階に入っており、双方の相互補完の強みがはっきりとし、協力の潜在力は大きい」と述べ、日中協力の意義を強調した。(三塚聖平)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ