PR

ニュース 国際

拉致解決訴えタペストリー 早紀江さん「国民一丸で」

Messenger
拉致問題解決を訴え、掲げられたタペストリーを見上げる横田めぐみさんの母早紀江さん(右端)=1日夕、川崎市川崎区
拉致問題解決を訴え、掲げられたタペストリーを見上げる横田めぐみさんの母早紀江さん(右端)=1日夕、川崎市川崎区

 北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさん(54)=拉致当時(13)=の両親が住むマンション(川崎市)で1日、早期解決を訴え、イルミネーションが施されたタペストリー2枚が掲げられた。めぐみさんの母、早紀江さん(82)が点灯式に訪れ「国民一丸となって解決しなくてはいけない問題。多くの人に分かってほしい」と訴えた。

 タペストリーはマンションの住人有志によって作製され、縦1メートル、横6・3メートル。「めぐみを助けてください」「私たちにはもう時間がありません」と記している。タペストリーの横には、拉致問題解決を願うシンボル「ブルーリボン」の形をしたイルミネーションが飾られた。

 早紀江さんは「私たちは何年も待つことができない。(問題が解決しないという)いらだちは感じるが、倒れてしまっては終わりなので、生きている限り頑張りたい」と記者団に話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ