PR

ニュース 国際

米中、関税棚上げ案を検討 米紙

Messenger

 【ブエノスアイレス=塩原永久】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は29日、米国と中国の貿易協議をめぐり、中国による本格的な市場改革に向けた協議を開始することを条件に、トランプ米政権が新たな対中制裁を棚上げにする案が米中の両政府間で検討されていると報じた。

 30日からアルゼンチンで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせ、米中首脳が会談する予定。トランプ米大統領は29日、記者団に対し、合意に向けて両国政府の認識が「非常に近い」と語った。

 米政府は、中国による知的財産権侵害などを問題視。同紙によると、中国が経済政策の抜本改革に向けた新たな交渉を米国と始める一方、米国は中国からの輸入品に追加関税を課す新たな制裁を来春まで凍結する。中国は米国の農産物やエネルギーの購入拡大に向けて取り組む検討も進めているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ