PR

ニュース 国際

フランス上院職員が北朝鮮へのスパイ容疑で拘束 仏メディア報道

Messenger

 【パリ=三井美奈】フランスのメディアは26日、仏上院の職員が北朝鮮に秘密情報を渡した容疑で仏情報当局に身柄拘束されたと報じた。

 報道によると、この職員は、パリにある上院の建物や庭園管理の責任者。25日、家族が住む仏東部ディジョンからパリの自宅に戻ったところで国内治安総局(DGSI)に事情聴取され、拘束された。自宅や事務所も捜索を受けたという。

 この職員は仏コリア友好協会の代表。2005年以降、北朝鮮を訪問して数冊の著書を出版し、メディアで北朝鮮との関係構築を訴えてきた。03年ごろ、マクロン大統領の母校である仏エリート官僚養成校「国立行政学院」を卒業している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ