PR

ニュース 国際

パキスタン中国領事館を武装勢力が襲撃 市民ら4人死亡

Messenger
襲撃された中国総領事館前で携帯で写真を撮ろうとする人々を制止する警察官=23日、パキスタン南部のカラチ(ロイター)
襲撃された中国総領事館前で携帯で写真を撮ろうとする人々を制止する警察官=23日、パキスタン南部のカラチ(ロイター)

 【ニューデリー=森浩、北京=西見由章】パキスタン南部カラチで23日、武装集団が中国総領事館を襲撃し、地元メディアによると、市民と警察官計4人が死亡した。武装集団の3人も射殺された。中国は、巨大経済圏構想「一帯一路」関連事業に基づき、約620億ドル(約7兆円)をパキスタンに融資するが、同時に中国人や企業が標的となる事件も相次いでいる。

 地元警察によると、武装集団は銃器や手榴弾(しゅりゅうだん)を持って総領事館への侵入を狙ったとみられ、駆けつけた治安部隊と銃撃戦になった。総領事館では中国人職員21人が勤務していたが、けが人はいなかった。

 南西部バルチスタン州で分離独立を主張する過激派「バルチスタン解放軍」(BLA)が犯行声明を出した。BLAは中国について「地元の資源を強引に奪っている」とし、標的とすることを宣言している。

 パキスタンでは、2017年5月にバルチスタン州クエッタで、中国人語学教師2人が武装集団に殺害される事件が発生。カラチでは2月にも中国人経営者が何者かに射殺された。パキスタン軍は中国人労働者の警備に1万人以上を割いているともされるが、事件は絶えないのが実態だ。

 中国外務省の耿爽(こう・そう)報道官は23日の記者会見で、在カラチ中国総領事館への襲撃事件を受けて「外交領事機関への暴力行為を強烈に非難する」と述べた。襲撃の背景には一帯一路関連事業「中国パキスタン経済回廊」に対する武装勢力側の不満があったとも指摘されるが、耿氏は「両国民の広範な支持があり、揺るぎなく建設を進める」と強調した。

 一方、パキスタン北西部オラクザイの市場でも23日、自爆テロとみられる爆発があり、地元民放によると、少なくとも30人が死亡、40人が負傷した。犯行声明は出ていない。爆発が起きたのはイスラム教シーア派の住民が多い地域だという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ