PR

ニュース 国際

B52が南シナ海上空を飛行 中国を牽制

Messenger

 【ワシントン=黒瀬悦成】米太平洋空軍は21日、米領グアムのアンダーセン空軍基地に配備されているB52戦略爆撃機2機が19日に南シナ海の上空付近で訓練飛行を実施したことを明らかにした。

 太平洋空軍によると、訓練飛行はインド太平洋軍が2004年3月から実施している「継続的爆撃機プレゼンス」作戦の一環で行われた。同作戦は、グアムにB52やB2といった戦略爆撃機を継続配備して米軍の即応能力を維持するもので、西太平洋での覇権的海洋進出を目指す中国を牽制(けんせい)する狙いがある。

 太平洋空軍は今回の飛行について「国際法を順守しており、自由で開かれたインド太平洋地域を目指す米国の長年にわたる取り組みにも一致する」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ