PR

ニュース 国際

韓国警備艦の操業中止要求、外務省が抗議

Messenger

 日本の排他的経済水域(EEZ)にあたり、日韓漁業協定に基づき日本漁船が操業できる日本海の海域で、韓国海洋警察庁の警備艦が日本漁船に操業中止を要求したうえ、船体を接近させていたことが21日、分かった。日本政府は外交ルートで韓国に抗議した。

 海上保安庁によると、20日午後8時30分ごろ、大和堆(やまとたい)周辺の日本のEEZで操業していた根室漁協所属のイカ釣り漁船「第85若潮丸」(184トン)に対し、韓国艦が操業を中止し海域から移動するよう無線で要求。

 無線内容を把握した海保の巡視船が韓国艦の申し入れには根拠がないとして、「(要求は)認められない」と無線で連絡したが、韓国艦は日本漁船に約700メートルまで接近。巡視船が警備艦と漁船の間に入って保護する形となったところ、警備艦は現場から離れた。

 外務省によると、現場は日韓漁業協定で両国の操業が認められ、取り締まりはそれぞれの国が自国船に対して行う取り決めになっている。

 韓国側の行為に対し外務省は20日、「日韓漁業協定に反した行動は受け入れられない」などと抗議。海保は「大和堆周辺の海域で操業する日本漁船の安全確保に努めていきたい」としている。韓国側が海域の定義を誤認していた可能性があり、政府は詳細な状況の確認を進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ