PR

ニュース 国際

【ソウルからヨボセヨ】韓国人女子大生「産経新聞で働きたい」 そのワケは

韓国の文在寅大統領=20日(共同)
Messenger

 若者の就職難が深刻な社会問題となっている韓国で今月、日本企業112社が参加した就職面接会が開かれた。ソウルで2千人余り、釜山では約1千人の就職希望者が殺到したという。このニュースに今年の夏、電話で話した韓国人女子大生のことを思い出した。

 取材先の韓国政府系団体との通話中のこと。「今、横にいるアルバイト学生が、ぜひ話したいそうです」と言ってきた。仕方がないので話を聞くと、何とこの女子大生が「産経新聞で働きたいです。採用してくれませんか」と懇願してきた。

 産経新聞は韓国で、日本の保守を象徴するメディアとして知られている。歴史認識問題に関する報道をめぐり「極右」「右翼」やらのレッテルを貼られ、標的にされることが多い。支局には非難の電話や「今から抗議に行く」などと脅迫まがいの連絡がくることも少なくない。

 そんな産経新聞であえて働きたいという大学生の言葉に、そこまで就職が大変なのかと思った。冗談も込めて「大変だけど、とってもやりがいがあるよ」と伝えると、「だから働きたいんです」と食い下がる。日本語ができないというし、既に支局のスタッフがおり間に合っている。結局、こちらからやんわりと断った。肌で感じた韓国の就職事情であった。(名村隆寛)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ