PR

ニュース 国際

パプア首相もみくちゃに APEC記者会見で質問受けず

記者団の取材を受けた後、警護要員に守られながら記者会見場を後にするパプアニューギニアのオニール首相(中央)=18日、ポートモレスビー(共同)
Messenger

 アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を開催した議長国パプアニューギニアのオニール首相が18日、数十人の記者にもみくちゃにされる一幕があった。会議では米中対立を背景に首脳宣言が採択できなかったが、オニール氏が質問を受けずに記者会見を切り上げたため、記者が取り囲んだ。

 約10分の記者会見でオニール氏は「会議の成功」を訴えたが、首脳宣言への言及はなかった。そのまま会見場を離れようとしたため、採択できなかった理由を聞こうと記者が群がった。警護要員からは「やめろ」「危ない」「終わりだ」と怒号も飛んだ。

 オーストラリアのメディアによると、宣言をめぐる交渉が続いた17日には、中国代表団がパプアの外相の部屋に押し入ろうとする場面もあったという。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ