PR

ニュース 国際

南シナ海行動規範「3年以内に」 中国の李克強首相

シンガポールで演説した中国の李克強首相(中央)=13日(共同)
Messenger

 【シンガポール=西見由章】中国の李克強首相は13日、訪問先のシンガポールで演説し、南シナ海での紛争回避に向けて東南アジア諸国連合(ASEAN)と作成協議を進めている「行動規範」(COC)について、「中国側は3年以内に交渉を妥結させることを望んでいる」と述べた。中国の最高指導部がCOCの策定に向けて具体的なタイムスケジュールを示すのは初めて。

 通商政策だけでなく安全保障面でも米中間の摩擦が強まる中、中国は南シナ海問題に関する協議の進展を強調し、米国の介入を阻止したい考えだ。

 李氏はシンガポール政財界や学会の首脳らが集まった会議で両国関係と地域の発展をテーマに演説。年内の実質的な合意が見送られた東アジア地域包括的経済連携(RCEP)についても「中国は来年に交渉を終わらせ、創設に向けたプロセスを始めることを希望する」と前のめりの姿勢を示した。

 米国はRCEPの交渉に参加していない。李氏はトランプ米政権の通商圧力を念頭に「保護主義が台頭し、自由貿易に波乱がもたされている状況において、地域の国々がRCEPを推進することは世界に向けて自由貿易を擁護し、推進する強烈なシグナルとなる」と述べた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ