PR

ニュース 国際

個人消費は堅調? 中国「独身の日」セール、開始2分で1630億円

中国の「独身の日」セールで、アリババグループの取引額が開始から約2分後に100億元に達したことを示すスクリーン=11日、上海(共同)
Messenger

 中国で「独身の日」と呼ばれる11日、インターネット通販各社が毎年恒例の値引きセールを展開した。最大手アリババグループのサイトでは取引額が午前0時の開始から約2分間で100億元(約1630億円)を突破。過去最高だった昨年の1682億元を上回る勢い。米国との貿易摩擦などによって中国経済の先行き不透明感が増しているが、中国政府が個人向け減税で消費を刺激していることもあり、購買意欲は底堅いといえそうだ。

 アリババのサイトには、中国内外の約18万の企業・ブランドが参加。海外から商品を購入する越境通販では、日本や米国の商品が売れ、化粧品や紙おむつ、健康食品の人気が高い。

 取引額はセール開始から約8時間後には1207億元に達した。アリババは膨大な量の決済を迅速に処理できる自社のクラウド技術もアピールする。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ