PR

ニュース 国際

トランプ大統領訪仏 仏大統領の「欧州軍」構想は「侮辱」と批判

大統領専用機でパリのオルリー空港に到着したトランプ米大統領夫妻=9日(AP)
Messenger

 【パリ=三井美奈】トランプ米大統領は9日、第一次大戦終結100年の記念式典に参加するため、パリを訪問した。トランプ氏は同日のツイッターで、フランスのマクロン大統領が提案した「欧州軍」創設構想について、「侮辱的な話だ」と強く批判した。

 トランプ氏は「欧州は、北大西洋条約機構(NATO)に公平な分担を支払うことが専決事項だ。今は米国が大いに補助している」と記した。マクロン氏と10日に首脳会談を行う前に、米欧の安全保障をめぐる亀裂を鮮明にした。

 マクロン大統領は6日、仏ラジオで、「真の欧州軍創設を決断しなければ、欧州を守れない」として、中国やロシア、さらにトランプ政権の米国からも「私たちを守る必要がある」と述べていた。

 欧州連合(EU)はこれまで、紛争地での平和維持活動を想定したEU部隊の枠組み創設で合意。フランスは長年、EUの防衛力強化を主張してきた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ