PR

ニュース 国際

元米財務長官が警告 米中に「経済的な鉄のカーテン」

ポールソン米財務長官=2008年6月
Messenger

 【シンガポール=吉村英輝】米国のポールソン元財務長官は7日、シンガポールで開かれた「ブルームバーグ・ニューエコノミーフォーラム」の講演で、中国との貿易摩擦で米中間にまもなく「経済的な鉄のカーテン」が下ろされるかもしれないと危機感を示し、「(カーテンは)世界経済を破壊する」と述べた。

 ポールソン氏は、2001年に世界貿易機関(WTO)加盟を実現した中国が今も、知的財産や外資参入などで不公正な競争を米国などに強いていると批判。米指導者たちは政治的な立場を超え、中国が「米国の犠牲」で台頭しているとの見方で一致していると強調し、トランプ政権の対中強硬路線に理解を示した。

 また、米中の経済摩擦は「沸点に近づいている」とし、両国が国際社会の中で分離されれば、アジアの国々は経済大国となった中国と離れられず、米国が「孤立」するとも指摘。中国に国内市場開放など「経済改革」を呼びかけた。

 ポールソン氏は、投資銀行家としても中国に人脈を構築。08年の金融危機に財務長官として、同じく同フォーラムで講演した、中国の王岐山国家副主席と協力して対応するなど、米中の「仲介役」を担ってきた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ