PR

ニュース 国際

豪州が太平洋諸国支援で基金、中国に対抗

オーストラリアのスコット・モリソン首相(AP)
Messenger

 【シンガポール=吉村英輝】オーストラリアのモリソン首相は8日、太平洋諸国と東ティモールのインフラ整備支援へ、20億豪ドル(約1650億円)の基金を創設すると発表した。また、同地域の民間投資促進のため政府系金融機関の資本を10億豪ドル増強する。

 モリソン氏は、豪州軍への演説の中で、安全保障面で「太平洋諸国との関係を強化する」とし、同諸国との共同訓練などの計画も発表。名指しを避けながら、開発援助で同地域に影響力を高める中国に対抗する姿勢を鮮明にした。

 一方、中国と豪州は8日、北京で第5回戦略対話を開催した。ロイター通信によると、中国の王毅国務委員兼外相は会談後、太平洋諸国の中で、両国は協力できると主張。中国の経済発展は、豪州にとり脅威でなくチャンスだと訴えた。ペイン豪外相は、中国からの投資を歓迎すると応じた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ