PR

ニュース 国際

イラン高官「米政権の求心力低下」 強硬姿勢の軟化を期待か

米政府のイランへの制裁
Messenger

 イラン外務省高官は7日、米中間選挙で与党共和党が下院で敗北したことについて「トランプ大統領が米国民の支持を失ったことが示された。トランプ政権の求心力低下が始まる」と述べた。共同通信の取材に語った。

 トランプ政権は5日、イラン核合意で解除された制裁を全面復活させ、敵視するイランへの圧力を強めている。イラン側は、選挙結果を受けてイランに対する強硬姿勢が変化するのを期待しているとみられる。

 高官は、下院でイスラム教徒の女性らが当選したことにも触れ「米国民は多様性の重要さを(投票を通じて)示した。宗教や人種で差別的な政策を進めるトランプ政権の敗北だ」と強調した。(テヘラン 共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ