PR

ニュース 国際

民主、8年ぶりの下院奪還 大統領の弾劾訴追も視野 米中間選挙

Messenger

 同党は10年中間選挙で下院、14年に上院をそれぞれ失っており、8年ぶりの下院奪還。1月からの新議会では全委員長ポストを得ることになり、ロシアの米大統領選干渉疑惑などの徹底調査を求めることは必至で、トランプ大統領の政権運営にとり障害となる。

 一方、共和党は現有235議席を大きく減らす。ただ、中間選挙では与党が議席を減らすことが多く、1938年以降の中間選挙で与党が下院議席を伸ばしたのはクリントン政権下の98年とブッシュ(子)政権下の02年の2回だけだ。

 全米50州のうち36州では知事選も実施された。

 共和党は中間選挙で、トランプ氏を中心に不法移民対策の強化や好調な経済の継続を訴えてきた。これに対し、民主党は医療保険制度改革(オバマケア)の維持を求め、トランプ氏の大統領としての資質も争点化してきた。

     

 6日深夜、トランプ氏は上院での勝利を受けて「今夜、とてつもない成功を収めた。皆さんありがとう!」とツイッターに書き込んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ