PR

ニュース 国際

民主、下院奪還が焦点 トランプ氏に初審判 上院は共和優勢か 米中間選挙

投票が終わって片付け作業に入るニュージャージー州の投票所=6日(ロイター)
Messenger

 米中間選挙は6日、開票が行われた。トランプ大統領と対立する野党民主党が下院で8年ぶりに多数派を奪還するかが焦点だ。「米国第一」を掲げて昨年1月に就任したトランプ大統領にとって初の国民的審判。下院は接戦で、上院は与党共和党が優勢とみられている。2020年の次期大統領選でトランプ氏の再選に影響を与える重要な選挙だ。

 選挙戦で民主党のオバマ前大統領らは、トランプ氏の強引な政権運営によって社会の分断が広がっていると批判。トランプ氏は上下両院で議席の過半数を握る共和党を支援するため、各地で大規模集会を開き、好調な経済や不法移民対策をアピールした。

 下院(定数435)の過半数は218議席で、両党は激しく競り合った。上院(定数100)は35議席で争われ、共和党は非改選議席を含めて50議席を取れば多数派を維持する。

(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ