PR

ニュース 国際

元韓国駐日大使「日韓関係悪化は不可避」

河野太郎外相(左)、韓国の康京和外相(右)
Messenger

 【ソウル=名村隆寛】韓国外務省によると康京和(カン・ギョンファ)外相は河野太郎外相との31日の電話会談で、徴用工裁判の韓国最高裁の判決について「司法府の判断を尊重し、判決にかかわる事項を綿密に検討、総合的に考慮し、韓国政府の立場をまとめる予定だ」と説明した。

 KBS放送によると、申●(=王へんに玉)秀(シン・ガクス)元駐日大使は31日までに、「韓日両国政府と新日鉄住金、韓国企業による基金創設などの対策も可能だったが、判決が出たことで政府予算支出の根拠がなくなった」とし、「慰安婦支援財団の解散問題もあり韓日関係の悪化は不可避」と指摘した。国民大学日本研究所所長の李元徳(イ・ウォンドク)教授は「文在寅(ムン・ジェイン)政権が、徴用工問題は政治的に解決済みという政府の従来の立場と、最高裁判決の差を埋める方策をとるのではないか」と予測した。

 31日付の韓国主要各紙は1面トップで原告勝訴の判決を報道。社説では「あまりにも遅かった。(提訴から)13年ぶりの判決」(ハンギョレ紙)、「賠償請求権の再確認に6年5カ月」(東亜日報)と、長い歳月の末の確定判決を論じ、日韓関係の悪化を懸念した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ