PR

ニュース 国際

独仏首脳、サウジ制裁「EU協調で」

27日、トルコ・イスタンブールで、シリア情勢を巡る首脳会議の後、写真撮影のため並ぶ(左から)ロシアのプーチン大統領、ドイツのメルケル首相、トルコのエルドアン大統領、フランスのマクロン大統領(アナトリア通信提供・共同)
Messenger

 【ベルリン=宮下日出男】ドイツのメルケル首相とフランスのマクロン大統領は27日、サウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏の殺害事件をめぐり、事件の状況が十分解明された段階で、EUとして協調した制裁などの対応を目指すことで合意した。DPA通信などが伝えた。

 独仏首脳は同日、イスタンブールで開かれたトルコとロシアとの首脳会談の合間に殺害事件について個別に協議。4カ国首脳の共同記者会見で明らかにした。

 ドイツが事件後、サウジへの武器輸出の凍結を打ち出す一方、フランスは慎重姿勢を示していたため、両首脳が意見をすりあわせた形。サウジはフランスの重要な武器輸出先でもある。

 ただ、双方の溝は埋まっていないもよう。メルケル氏は会見で武器輸出での協調に期待をにじます一方、マクロン氏は武器輸出と事件は関係がないとし、制裁は「相応」の内容になるとの考えを強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ