PR

ニュース 国際

グーグル セクハラ行為2年間で48人解雇

Messenger

 【ニューヨーク=上塚真由】米IT大手のグーグルは25日、セクハラ行為をめぐって過去2年間で48人の従業員を解雇したと明らかにした。同社の幹部も13人含まれているという。米メディアが報じた。

 グーグル社をめぐっては、米紙ニューヨーク・タイムズが25日、セクハラ行為の訴えがあった幹部が2014年に退社した際、巨額の退職金を支払ったと報道。他にも幹部がセクハラ行為を告発された際、表沙汰にならないようにしてきたと伝えた。

 これを受け、ピチャイ最高経営責任者(CEO)が25日、全従業員にメールで48人を解雇したことを通知。このうち、退職金を受け取った人はいないとしている。ピチャイ氏は従業員宛てのメールで「近年は、権限のある地位の社員の不適切行為について、基準をますます厳格化するなど、多くの変更を行ってきた」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ