PR

ニュース 国際

元慰安婦支援財団「解散に向け最終調整」、韓国担当相

Messenger

 【ソウル=名村隆寛】韓国で慰安婦問題を担当する陳善美(チン・ソンミ)女性家族相は24日、慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意に基づき韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」について、「解散に向け最終的な調整作業に入ったと聞いている」と述べた。

 ソウルで韓国記者団との懇談で語ったもので、陳氏は「(韓国政府の)立場はある程度、整理されている」とし、「(解散の)時期や方式は協議中だ。11月初旬になれば国民に説明できるだろう」と説明した。

 財団は16年に設立。日本政府が拠出した10億円から元慰安婦や遺族に現金を支給するなどの事業を担っていたが、韓国世論の反発で理事長と理事の大半が辞任し、運営は停止している。

 韓国外務省の趙顕(チョ・ヒョン)第1次官は25日、訪日し秋葉剛男外務事務次官と会談するが、財団の存続問題を協議するとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ