PR

ニュース 国際

伊がEUに「予算案変えない」と回答 

Messenger

 【パリ=三井美奈、ベルリン=宮下日出男】イタリア政府は22日、財政赤字を拡大させる2019年予算案について変更しないとする考えを欧州連合(EU)の欧州委員会に書面で伝えた。欧州委が先に予算案をEUの財政規律に違反するとした見解への反論。ポピュリズム(大衆迎合主義)政権のバラマキ公約を盛り込んだ予算案はユーロ圏の不安材料となっている。

 欧州員会は23日、対応を協議。予算案を差し戻し、修正と再提出を求めることを決定すれば、初めての事態になる。

 イタリアのトリア経済財務相が22日に提出した書簡は、予算案について債務削減目標を示すEU財政規律から逸脱していると認めた上、「経済危機前の水準への復興が遅れ、恵まれない国民の経済状況を考慮すれば必要な決定」と訴えた。

 予算案は来年の財政赤字を国内総生産(GDP)比2・4%と見込み、前政権がEUと合意した0・8%の目標を大きく上回る。連立2党が3月の総選挙で公約した大幅減税や1人当たり780ユーロ(約10万円)の最低所得保障が盛り込まれたためだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ