PR

ニュース 国際

サウジ、記者死亡を発表 国王は皇太子トップの委員会設置命じる

トルコ・サウジアラビア・アメリカ カショギ氏死亡事件をめぐる構図
Messenger

 【カイロ=佐藤貴生】サウジアラビアの反体制ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ総領事館で行方不明になった事件で、サウジ当局は20日、カショギ氏は総領事館内で起きた争いで死亡したと発表した。サウジ側が死亡を認めたのは初めて。サウジ政府と親密な関係にある米国のトランプ大統領は、発表は信用できるとの見方を示しており、対応が注目される。

 当局はサウジ人18人を拘束し、王室顧問と情報機関高官の2人を更迭した。サルマン国王は情報機関再編のため、実子のムハンマド・ビン・サルマン皇太子をトップとする委員会の設置を命じた。

 トルコや米国のメディアでは皇太子がカショギ氏殺害を指示したとの情報も流れていたが、サウジ側は、皇太子は事件と無関係だとの立場を示した形だ。

 発表でサウジ側は、カショギ氏は総領事館内で面会した人々と口論になり、素手で争った結果、死亡したと主張。面会相手側はその後、事態の隠蔽を図ろうとしたとしている。

 カショギ氏は2日、結婚の書類手続きのためトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館に入り、消息を絶った。トルコ捜査当局は館内や総領事公邸を捜索したが、遺体は発見されておらず、事件の全容は不明のままだ。サウジ当局はカショギ氏は総領事館に来てまもなく、敷地外に出たと主張、関与を否定していた。

 同氏は皇太子の政策などに批判的で、昨年、米国に事実上亡命していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ