PR

ニュース 国際

中国成長率6.5%に減速 7~9月、9年ぶり低水準

GDP速報値を発表する中国国家統計局の報道官(中央)=19日、北京(共同)
Messenger

 【北京=西見由章】中国国家統計局が19日発表した今年7~9月期の国内総生産(GDP、速報値)は物価変動の影響を除く実質で前年同期比6.5%増だった。実質成長率は今年4~6月期から0.2ポイント下がって2期連続のマイナスとなり、減速傾向が顕著となった。実質成長率はリーマン・ショック後に景気が落ち込んだ2009年1~3月期(6.4%)以来、約9年半ぶりの低水準。

 地方政府や国有企業の債務削減方針を受けて固定資産投資の伸びが鈍化している上、10月以降は米中貿易摩擦による対米輸出への悪影響が本格化し始めるとみられ、経済の先行き不透明感はさらに強まりそうだ。

 1~9月期の成長率は6.7%で、18年通年の政府目標である「6.5%前後」は達成に近づいた。ただ同期の主要指標は厳しい数字がそろった。企業の設備投資を含む固定資産投資は前年同期比5.4%増で、伸び率は上期(1~6月期)から0.6ポイント減速。このうちインフラ(社会基盤)投資は3.3%増と上期に比べ4.0ポイント鈍化した。

 貿易摩擦の泥沼化は消費マインドにも影響し始めており、消費動向を示す小売売上高は9.3%増と伸び悩んだ。工業生産も6.4%増で上期から0.3ポイント下げた。

 国家統計局の毛盛勇報道官は同日の記者会見で、「外部の困難な要素が明らかに増加し国内の構造調整の痛みも続いており、下押し圧力は強まっている」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ