PR

ニュース 国際

仏韓首脳会談 仏大統領、北への融和措置は否定 国連制裁の維持主張

共同記者会見で握手をするフランスのマクロン大統領(右)と韓国の文在寅大統領=15日、仏パリのエリゼ宮(ロイター)
Messenger

 【パリ=三井美奈】フランスのマクロン大統領は15日、訪仏中の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領とパリで北朝鮮の核問題をめぐって会談した。マクロン氏は共同記者会見で、「北朝鮮が核廃棄プロセス開始の意思を明確に示す」までは、国連安全保障理事会の制裁を維持すべきだとの考えを示した。

 文氏は、「北朝鮮が非核化にあたって、安全保障を必要としている。彼らに『よい選択をした』と思わせる必要がある」と述べ、国連安保理の常任理事国のフランスに協力を促したが、マクロン氏は「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」が必要だと訴え、現段階では融和措置をとるべきでないとの立場を示した。北朝鮮の核廃棄にあたっては、フランスが核の専門家や技術者を派遣する用意があると述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ