PR

ニュース 国際

フジモリ氏、長女の拘束は「人生最大の痛み」とメッセージ

 ペルー・リマの検察に入るケイコ・フジモリ容疑者=10日(ペルー司法省提供・AP)
Messenger

 【ロサンゼルス=住井亨介】南米ペルーのフジモリ元大統領(80)は13日、長女で最大野党「フエルサ・ポプラル」の党首、ケイコ氏(43)が組織的マネーロンダリング(資金洗浄)の容疑で身柄を拘束されたことについて、「私の娘が拘束されたことは人生最大の痛みだ」などとする音声メッセージをツイッターに投稿した。

 メッセージは「彼女は常に司法側に協力し続けてきた。このような形で私の孫たちと引き離す理由などない。捜査は続けよ。だが彼女の無実の可能性を尊重しながら」と検察の捜査を批判。ケイコ氏に向けては「彼女に心からの愛と支援を送る」と励ました。

 これに応じるように、ケイコ氏は「父のことを思う。病院からの言葉を大変貴重なものとして受け取る」などとする手書きメモをツイッターに投稿した。

 ケイコ氏は今月10日、2011年の大統領選挙での不正な資金受領疑惑をめぐり逃亡の恐れがあるとして「予備的拘束」を受けた。フジモリ氏は3日、在任中の人権侵害事件での禁錮刑に対する人道的恩赦を最高裁によって取り消されて再収監の命令が出されたが、直後に体調を崩して入院を続けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ