PR

ニュース 国際

【映画深層】「僕の帰る場所」でミャンマーにぞっこん 日本との架け橋目指す監督

日本・ミャンマー合作映画「僕の帰る場所」の一場面(C)E.x.N K.K.
Messenger

 ミャンマーはおろか、東南アジア自体よく知らなかった。「でも民族衣装など地方ごとに独自のものが残っていて、文化的には非常に豊かな国だとわかりました」と、10月6日から公開中の日本・ミャンマー合作「僕の帰る場所」を撮った藤元明緒(あきお)監督(30)は語る。映画撮影後にはミャンマー人の女性と結婚し、現在はミャンマーを拠点に活動する藤元監督をとりこにしたものとは-。

子供たちの魅力

 「僕の帰る場所」は、演技なのか地(じ)なのか区別のつかない子供たちの自然な振る舞いが魅力の作品だ。東京郊外に暮らすミャンマー人のアイセ一家はなかなか難民申請が下りず、不安定な毎日を過ごしていた。日本語しか解さない6歳のカウン(カウン・ミャッ・トゥ)と3歳のテッ(テッ・ミャッ・ナイン)の幼い兄弟は日本人に同化していたが、母親のケイン(ケイン・ミャッ・トゥ)は将来への不安からミャンマーへの帰国を考えていた。

 東京の狭いアパートに住む一家4人のつましい生活を見つめる前半から一転、父親を残して母親と子供2人だけでミャンマーに帰った後半では、雑然としたヤンゴンの街で居場所を求めてさまようカウン君の孤独な姿が印象に残る。じだんだを踏みながら「パパに会いたい」と泣きわめくテッ君といい、兄弟のありのままの姿を収めた映像は驚くばかりだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ