PR

ニュース 国際

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】ポンペオ氏訪朝の収穫なし 米は北の「サラミ戦術」に巻き込まれたのか

7日、平壌で笑顔を見せるポンペオ米国務長官(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信撮影・共同)
Messenger

 2回目の米朝首脳会談は米中間選挙後に行われることが決まったが、北朝鮮の非核化に向けた米朝交渉はポンペオ米国務長官の4回目の訪朝でも収穫はほぼゼロだった。北朝鮮はすでに爆破した豊渓里(プンゲリ)の核実験場への査察受け入れの姿勢をみせたものの、「用済み」の実験場査察に何の価値もない。焦点は米国の求めてきた核施設申告リスト問題に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長がどう言及するかにあったが、米朝協議は、シンガポールでの米朝首脳会談から約4カ月を経ても、入り口の非核化ロードマップ(行程表)をめぐる駆け引きが続き、そのドアさえいまだに開いていない状態だ。米国は北朝鮮の「サラミ戦術」にいつまでつきあうのか?

サラミ戦術の長期化こそ北朝鮮の思うつぼ

 ポンペオ氏の訪朝を「進展があった」と評価するのはトランプ米大統領と北朝鮮メディア、そして韓国大統領府だけという奇妙な状況が続いている。米国の北朝鮮専門家は「また時間稼ぎだ」と批判、日本の専門家も「中身はない」と指摘している。

 非核化の第1段階として核関連申告リストが重要とされるのは、それが今後のロードマップ(行程表)作成の基礎データになるのと同時に、どんな申告を行うかによって北朝鮮の真意が判明するからだ。申告には北朝鮮が主張する「朝鮮半島の非核化」の具体像が反映されることになり、どの施設を挙げるかで何を隠そうとしているかも明らかになる。

 北朝鮮がとっている外交戦術は、少ない議題や措置を、サラミのようにできるだけ薄く細かくスライスして外交の場(皿)に広げて並べ、あたかも数多い議論をしたかのようにみせて相手を懐柔する手法だ。第2次核危機の6カ国協議(2003年~2008年)では、中国、米国、韓国、ロシア、日本を相手に協議続行で時間稼ぎをする一方、ウラン濃縮をはじめとする核開発を進展させて06年に初の核実験を成功させた。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ