PR

ニュース 国際

日豪2プラス2、来年初の戦闘機訓練で合意、北朝鮮非核化へ制裁維持で一致

10日、シドニーで日豪外務・防衛閣僚協議に臨む(右から)岩屋防衛相、河野外相、オーストラリアのペイン外相、パイン国防相(ロイター)
Messenger

 日本とオーストラリア両政府は10日(日本時間同)、シドニーで外務・防衛閣僚協議(2プラス2)を開いた。来年中に航空自衛隊と豪空軍による初の戦闘機訓練を実施する方針で合意。北朝鮮の完全非核化実現に向け、制裁を維持する重要性で一致した。自由貿易を重視し、不公正な貿易慣行に対抗することも申し合わせた。これらの内容を盛り込んだ共同声明を発表した。

 共同声明は「共通の戦略的利益と共有された価値に基づく両国の特別な戦略的パートナーシップを深化させる」と強調した。自衛隊と豪州軍が相手国内で共同訓練を円滑に実施するための協定に関し、交渉の早期妥結へ努力することも合意した。

 中国が軍事拠点化を進める南シナ海情勢への「深刻な懸念」と、東シナ海での「一方的な行動への反対」も記述。北朝鮮の船が別の船に横付けして物資を移し替える「瀬取り」阻止で協力するとした。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ