PR

ニュース 国際

NY店は「苦戦」と社長 いきなり!ステーキ

「いきなり!ステーキ」の店舗前の行列=東京都内
Messenger

 ステーキ店チェーン「いきなり!ステーキ」などを運営するペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長は9日にニューヨーク市内で開いた記者会見で、同市内の店舗について「まだまだ苦戦している。売り上げも少ないし、お客さま数も少ない」と述べ、運営を改善する必要性を強調した。

 一瀬社長は「日本では安く売ってお客さま数が圧倒的に多く(という)成功した事業モデルが、こちらで成功できない。安く売ればいいというわけではない」と指摘。「ニューヨークではうまいステーキが早く食べられることをもっと徹底する」と述べた。低価格路線を続ける方針も示した。

 ペッパーフードサービスは昨年2月、「いきなり!ステーキ」の海外初店舗をニューヨーク中心部にオープン。現在は市内に直営店9店舗を展開しており、今後も店舗数を増やす方針。米ナスダック市場に9月に上場した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ