PR

ニュース 国際

【矢板明夫の中国点描】ICPO総裁、重要秘密を握る?

Messenger

 中国当局が発表した孟氏の容疑は汚職だが、北京の人権派弁護士は「共産党内の権力闘争に巻き込まれた可能性が大きい」と推測する。2年前から国際機関に出向した孟氏は、国内にいる高官たちと比べて実権は小さく、収賄することはあってもその金額は大きくないはずだという。

 孟氏が拘束された本当の理由について、共産党関係者の間でもさまざまな臆測が飛び交っているが、今のところ、2つの説が有力だ。一つは、国家副主席の王岐山氏に近い企業、海航集団の王健会長が今年7月、視察先のフランスで不審死したことに孟氏が関与したことだ。もう一つは、孟氏は米国への亡命を企て、中国の最高機密である共産党指導者の親族の海外における資産リストを米国に提供しようとしたことだ。

 真相は不明だが、少なくとも孟氏は、習近平政権にとって看過できない大きな事件に関わった可能性が大きいといえる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ