PR

ニュース 国際

ブルガリアで女性ジャーナリスト殺害 汚職疑惑を追及、EUに衝撃

ビクトリア・マリノバさん(ロイター)
Messenger

 【ベルリン=宮下日出男】東欧ブルガリアの検察当局は9日までに、女性ジャーナリストのビクトリア・マリノバさん(30)が暴行を受けて殺害されたと発表した。マリノバさんは事件前に国内の汚職疑惑を伝える番組の司会を務めていた。欧州連合(EU)域内ではジャーナリストが殺害される事件が相次いでおり、衝撃が広がっている。

 報道によると、地元テレビ局に勤めるマリノバさんは6日、北部リセの公園で遺体で見つかり、頭部を殴打されていた。9月末に番組でEUの補助金不正疑惑を扱い、疑惑を追及して一時拘束された男性記者2人を紹介していた。疑惑報道と殺害を結びつける証拠は現時点ではないとされるが、当局はあらゆる可能性を排除せず捜査している。

 EUでは、過去約1年でマルタとスロバキアでも不正疑惑を追及する記者の殺害事件が発生。欧州委員会報道官は8日、「報道の自由なくして民主主義はない」とし、ブルガリアに迅速な捜査を求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ