PR

ニュース 国際

金正恩氏、近く訪露か ウラジオには輸送機 

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長
Messenger

 【モスクワ=小野田雄一、ソウル=桜井紀雄】ロシアのペスコフ大統領報道官は8日、ロシアが招待している北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の訪露について、「日時や場所を調整中で、決定すれば発表する」と明らかにした。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領も同日の閣議で、金氏の訪露や中国の習近平国家主席の訪朝について「近く実現する見通しだ」との見方を示した。

 一方、複数の露メディアが8日伝えたところによると、露極東ウラジオストクの空港に7日、北朝鮮国営の高麗航空の輸送機IL-76が3度到着し、モスクワ向けの積み荷を降ろした。金氏の訪露との関係は不明だが、通常の運行スケジュール外の到着だった上、同機は金氏の訪中時やシンガポールでの米朝首脳会談時にも使われており、金氏の訪露に向けた準備だった可能性が指摘されている。

 また、訪露中の北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官はモスクワで8日、モルグロフ露外務次官と会談し、朝鮮半島非核化や両国の連携強化などを協議。さらに9日には中国の孔鉉佑(こう・げんゆう)外務次官を交えて中朝露外務次官会談を行った。2度目の米朝首脳会談に向けた対応が協議された可能性がある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ