PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】金正恩氏が側近外し妹を投入…ポンペオ氏に異例の接遇、首脳再会談を既成事実化

 19日、平壌の百花園迎賓館で「9月平壌共同宣言」の合意文に署名する金正恩朝鮮労働党委員長(左)を手助けする金与正氏(平壌写真共同取材団)
Messenger

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、ポンペオ米国務長官の7日の平壌滞在時間の大半を共に過ごすという異例の接遇で臨んだ。北朝鮮メディアも2回目の米朝首脳会談に関して大きく報じており、膠着(こうちゃく)からの打開に向けてトランプ大統領との再会談を既成事実化する狙いがうかがえる。

 朝鮮中央通信は8日、正恩氏がポンペオ氏との会談で、首脳再会談を契機に「必ずや大きな前進が遂げられるだろうとの意志と確信」を表明したと報じた。

 正恩氏は6月の首脳会談の合意履行のため「真心込めた努力を傾けている」とトランプ氏への謝意も示した。当初、会談は昼食を含めて約3時間半と伝えられたが、午後も続き、計約5時間半に及んだことが分かった。移動時間などを除き、大半を正恩氏が直接、接遇したことになり、7月のポンペオ氏訪朝時とは一変した歓待ぶりを見せた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ