PR

ニュース 国際

ポンペオ氏が東アジア歴訪終了 2度目の米朝首脳会談「早期開催」一致で「前進」誇示

ポンペオ氏の東アジア歴訪
Messenger

 【ワシントン=黒瀬悦成】ポンペオ米国務長官は8日、4度目の北朝鮮訪問を含む一連の東アジア歴訪を終えてワシントンに戻った。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談では2度目の米朝首脳会談の「可能な限り早期の開催」を確認。トランプ政権は11月の米中間選挙を前に、停滞が指摘されていた北朝鮮の非核化協議の「前進」を誇示するという所期の目的を達成したといえる。

 ポンペオ氏が8日、ソウルで記者団に明らかにしたところでは、金氏は5月に爆破した北東部豊渓里(プンゲリ)の核実験場が完全廃棄されたことを示すため外国からの査察受け入れを承諾した。ポンペオ氏は、査察は「準備が整い次第行われる」と指摘。北朝鮮が北西部東倉里(トンチャンリ)で解体中の弾道ミサイル関連施設の査察に応じることにも期待を表明した。

 同氏はまた、金氏に日本人拉致問題を提起した。金氏は拉致問題解決も含めた関係諸国との諸懸案の解決に取り組むことの重要性を「十分に理解している」と応じたとしている。

 トランプ大統領は7日、ツイッターで「米朝首脳会談の合意事項で進展があった! 金氏との再会を期待する」と強調した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ