PR

ニュース 国際

1億5000万円の絵画が落札直後に自動細断 英、芸術家のいたずら

 正体不明の路上芸術家バンクシーの有名な絵画が5日、ロンドンの競売大手サザビーズで、バンクシー作品としては史上最高に並ぶ104万2千ポンド(約1億5500万円)で落札された直後、額縁に仕掛けられたシュレッダーで自動的に細断された。英紙ガーディアンは「アート史上最も大胆ないたずらの一つ」と報じた。

 絵画はバンクシー作品で最も有名な少女と赤い風船をスプレーで描いたもの。落札を告げるハンマーの音が鳴らされると同時に、作品が額縁の中を下がり始め、額縁の下辺に仕掛けられたシュレッダーを半分ほど通過。会場は騒然となった。

 バンクシーは会員制交流サイト(SNS)の「インスタグラム」で自身がシュレッダーを仕掛けたことを明らかにし、細断される様子の動画を投稿した。撮影者は不明。

 サザビーズは「バンクシーにやられたようだ」とコメント、対応を落札者と協議した。関係者は細断された作品は価値を増し、200万ポンドの値が付く可能性があると話した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ