PR

ニュース 国際

ICPO総裁を「腐敗で調査」と香港紙報道 かつての政敵の影響力排すためか 

孟宏偉氏(AP)
Messenger

 【北京=西見由章】消息不明となっている国際刑事警察機構(ICPO)総裁で中国公安省次官の孟宏偉氏について、中国当局は6日現在、動静を公表していないが、汚職などの疑いで同氏が取り調べを受けているとの見方が強まっている。公安部門を牛耳る権力を握りながら習近平指導部による反腐敗闘争で失脚した周永康・元政治局常務委員=収賄罪などで無期懲役=の影響力一掃を狙った動きとの分析もある。

 香港紙の星島日報は6日、孟氏が9月29日にフランスから帰国した直後、共産党中央規律検査委員会の要員に連行されたと報道。香港の不動産購入などの腐敗行為が規律違反として問題視されていると伝えた。

 孟氏は2004年に当時公安相だった周氏に引き上げられて以降、14年以上にわたって公安省次官を務めてきた。周氏が汚職摘発の標的となり側近の高官が相次いで失脚する中でも、孟氏は中国海警局局長や中国人初のICPO総裁など要職を兼務してきた。

 ただ“異変”の予兆もあった。孟氏は昨年末に海警局局長などの兼職を解かれ、今年4月には公安省の実質的な意思決定機関である同省党委員会メンバーから外された。また昨年10月には公安省幹部の政治部主任が規律違反などを理由に免職処分を受け、同ポストが約10カ月空席となった。公安省幹部を狙った大規模な調査が進められていた可能性もある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ