PR

ニュース 国際

米NATO大使、露中距離巡航ミサイル破壊示唆 「先制攻撃についてでない」と軌道修正

2日、ブリュッセルで記者会見に臨む北大西洋条約機構(NATO)米代表部のハッチソン大使(ロイター)
Messenger

 【ワシントン=加納宏幸】北大西洋条約機構(NATO)米代表部のハッチソン大使は2日、ブリュッセルでの記者会見で、ロシアが中距離核戦力(INF)全廃条約の禁止対象であるミサイル開発を進めているとし、「ロシアが条約に違反して開発中のミサイルを除去するため対抗措置が取られるだろう」と述べた。破壊を示唆したと報じられたが、大使はその後、ツイッターで「先制攻撃について話したのではない」と軌道修正した。

 米政府はロシアが地上発射型の新型巡航ミサイルを開発し、配備したと主張してきた。ハッチソン氏は記者会見で同ミサイルの脅威にさらされるNATO加盟国とともに露側に圧力をかけて条約に違反する行為をやめさせると強調した。

 ロシアのタス通信によると、ロシア外務省のザハロワ報道官はハッチソン氏の発言に対して、「攻撃的な発言の危険性を自覚していない」とする声明を出して反発した。

 ハッチソン氏はツイッターで自らの発言について米国がNATO加盟国とともに相応の能力を持つ必要性を強調したものだと説明し、攻撃を意図したものではないとした。米国務省のナウアート報道官も2日の記者会見で、大使は「抑止態勢の向上について話した」と述べた。

 米国とソ連が1988年に発効させたINF全廃条約は、両国が保有する射程500~5500キロの地上発射型ミサイルの全廃を定めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ