PR

ニュース 国際

中国艦船が異常接近 「航行の自由」作戦の米艦に

Messenger

 【ワシントン=黒瀬悦成】米太平洋艦隊は1日、中国が軍事拠点化を進める南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島周辺で9月30日に「航行の自由」作戦を実施していた米イージス駆逐艦「ディケーター」に中国海軍の蘭州級駆逐艦が異常接近したと明らかにした。

 太平洋艦隊報道官によると、中国艦は同諸島のガベン(南薫)礁付近を航行していた米艦に対して「攻撃的な動きを繰り返し、米艦に海域から離れるよう何度も警告してきた」と指摘。中国艦はまた、米駆逐艦の前方45ヤード(約41メートル)以内に接近してきたため、米艦は衝突を避けるため回避行動をとったとしている。

 同報道官は、中国艦の行動は「危険で職業意識に欠ける」と非難した上で、「米海軍は国際法で認められた全ての場所で航空機を飛ばし、艦船を航行させ、作戦行動をとり続ける」と強調し、南シナ海での中国の覇権的進出に対抗していく姿勢を鮮明にした。

 ディケーターは9月30日、「航行の自由作戦」の一環として、中国が人工島を造成した南シナ海のガベン礁とジョンソン南(赤瓜)礁から12カイリ(約22キロ)内の海域を航行した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ