PR

ニュース 国際

中国、人気旅行先1位は日本 国慶節の大型連休スタート

国慶節に合わせて並べられた国旗の前で記念撮影する観光客=1日、北京(AP)
Messenger

 【北京=藤本欣也】中国は1日、建国記念日に当たる国慶節を迎え、7日までの大型連休に入った。過去最多の約700万人が出国するとみられている。

 中国のオンライン旅行大手、携程旅行網(シートリップ)によると、大型連休中の中国本土以外の人気旅行先で、日本が1位となった。携程旅行網は「日中関係の改善が好影響を与えた」「日本は観光資源が豊富で目的地の選択肢が多い」などと理由を分析している。

 2位はタイ、3位が香港で、4位に韓国が入った。中韓関係は、最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備問題をめぐり悪化していたが、最近、朝鮮半島の緊張緩和を受けて改善している。一方、貿易摩擦が過熱するなど関係が悪化する米国の人気は低かった。

 1日付の中国共産党機関紙、人民日報によると、北京の人民大会堂で9月30日、国慶節のレセプションが催され、李克強首相が米中貿易摩擦を念頭に、「国内外の環境の変化に伴う新たな挑戦に落ち着いて対処している」などと演説、「発展こそ中国の全ての問題を解決する基礎であり、カギである」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ