PR

ニュース 国際

北朝鮮外相、米の対応非難「信頼関係なければ核放棄せず」

国連総会一般討論演説を行う北朝鮮の李容浩外相=29日、ニューヨークの国連本部(UPI=共同)
Messenger

 北朝鮮の李容浩外相は29日、ニューヨークの国連本部で国連総会一般討論演説を行った。金正恩朝鮮労働党委員長の非核化への意思は固いと強調する一方、米国が相応の措置を取らず朝鮮戦争(1950~53年)の終戦宣言にも反対していると非難。トランプ米大統領に米朝首脳による6月のシンガポール共同声明履行を促し、信頼関係がなければ「われわれが一方的に核武装を解くことはあり得ない」と表明した。

 米国の対応について国内政治が原因だとの認識も示し、トランプ氏への直接批判は避けた。米朝が両首脳の再会談に向けて調整する中、米側に終戦宣言などの措置を強く迫る狙いがあるとみられる。「制裁には屈服しない」としながら、北朝鮮が核・ミサイル実験を中止したのを受け、国連安全保障理事会は制裁を解除すべきだとの立場も表明した。(共同)

 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ