PR

ニュース 国際

王外相、対中制裁「恐喝、圧力屈しない」 トランプ政権をけん制

27日、国連安全保障理事会の会合で発言する中国の王毅国務委員兼外相=ニューヨーク(ロイター)
Messenger

 【ニューヨーク=上塚真由】中国の王毅(おう・き)国務委員兼外相は28日、国連総会の一般討論演説を行った。米国との貿易摩擦を念頭に「中国は恐喝を受け入れず、圧力に屈しない」と述べ、名指しは避けたものの、対中通商制裁を強化するトランプ米政権をけん制した。

 王氏は演説で、「保護主義は自国を傷つけ、一方的な行動は各国にも被害を与える」と強調。貿易摩擦について対話を通じた解決を支持するとの立場を示した上で、「中国は正当な自国の権益を守るだけでなく、自由貿易体制や国際秩序を支持していく」と述べ、保護主義に傾く米国とは異なり、中国は自由貿易を尊重すると国際社会にアピールした。

 これに先立ち、王氏は28日、ニューヨークの米シンクタンク「外交問題評議会」での講演で、貿易摩擦について「パニックに陥る理由はない」と述べ、問題は克服できるとの認識を示した。ロイター通信などが報じた。

 王氏は「関係が緊密になると、利害がより複雑に絡み合うようになってくる。さまざまな疑惑や、摩擦さえも起きる可能性がある」と述べ、貿易摩擦は「驚くことではない」と指摘した。米中間の関係維持には「具体的な行動」が必要との認識も示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ