PR

ニュース 国際

韓国、旭日旗の掲揚自粛を求める 済州島での国際観艦式

Messenger

 【ソウル=名村隆寛】韓国海軍関係者は28日までに、南部の済州島(チェジュド)で10月10~14日に開かれる国際観艦式の参加15カ国に、海上パレード中は艦艇上に自国国旗と韓国国旗だけを掲げるよう通知したことを明らかにした。日本から参加する海上自衛隊の自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を暗に求めたかたちだ。

 一方で、同関係者は「停泊中は海軍旗(海自は自衛艦旗)を掲げるのが一般的」とし、「国際法や国際慣例上はいかなる強制もできないのが原則」とも指摘。観衆が見守るパレード中に限ったものとの認識を示した。

 韓国では旭日旗に対し、メディアや専門家の間で「侵略、軍国主義の象徴」などとの批判が多く、海自が旭日旗を自衛艦旗にしていることへの反発は根強い。韓国メディアは28日、通知に対し日本で反発が起きているなどと報じた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ