PR

ニュース 国際

モスクワの北朝鮮大使館に地下カジノ タス通信

Messenger

 【モスクワ=小野田雄一】露治安当局が、モスクワの北朝鮮大使館内にあった非合法の地下カジノを摘発していたことが分かった。イタル・タス通信が27日までに治安当局関係者の話として伝えた。一方、同大使館側はタス通信の取材に対し、地下カジノの存在を否定したという。

 タス通信によると、モスクワの治安当局は先週、15カ所の非合法クラブや地下カジノを一斉摘発し、100人以上を逮捕。同大使館の地下カジノはその一つだった。露外務省は2011年、同大使館内に地下カジノがあることを把握し、カジノ開設を禁じたロシアの法律に従って早急に閉鎖するよう伝えていたという。

 タス通信の地下カジノ摘発に関する取材に対し、同大使館関係者らは「戯言(たわごと)であり、滑稽だ」「最近、変わったことは何も起きていない」などと摘発の事実を否定した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ