PR

ニュース 国際

金正恩氏「安倍晋三首相と向き合う」 韓国の文在寅大統領が明かす 日本政府は慎重に分析

会談前に韓国の文在寅大統領(右)と握手する安倍首相=25日、ニューヨーク(共同)
Messenger

 【ニューヨーク=田北真樹子】安倍晋三首相と韓国の文在寅大統領が米ニューヨーク市内で行った25日午前(日本時間26日未明)の日韓首脳会談で、文氏は先の南北首脳会談の内容について「金正恩朝鮮労働党委員長は拉致問題も含め、安倍首相と向き合う必要があると分かっている」と説明していたことが分かった。文氏は「金氏は適切な時期に日本と対話し、関係改善を模索していく用意があると表明した」とも語った。

 複数の日本政府関係者が26日明らかにした。ただ、北朝鮮との関係改善を急ぐ文氏の説明であることから、政府は内容を慎重に分析する必要があるとの理由で公表はしていない。

 関係者によると、文氏は安倍首相に対し、18~20日に平壌で行われた南北首脳会談でも拉致問題の解決を働きかけたと説明。金氏が安倍首相と向き合う必要性を認識していると解説する一方で、「今のままではまだ環境が整っていない。日本は非核化に向けて建設的に環境をつくってほしい」との考えも表明した。

 文氏は日韓首脳会談の冒頭、「私は朝鮮半島の平和構築のために日朝関係の正常化が必ず必要だと思っており、日朝首脳会談の実現に向けて積極的に支持し、協力する」と語った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ