PR

ニュース 国際

トランプ氏、2度目の米朝会談の日時と場所、近く発表へ 文氏と会談

会談したトランプ米大統領(右)と韓国の文在寅大統領=24日、ニューヨーク(ロイター)
Messenger

 【ニューヨーク=黒瀬悦成、ソウル=桜井紀雄】トランプ米大統領は24日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領とニューヨークで会談し、北朝鮮の非核化問題などに関し意見を交換した。トランプ氏は会談の冒頭、記者団に対し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との2度目の首脳会談を実施することで一致したとの認識を示し、会談の日時と場所について「かなり近いうち」に発表できるとの見通しを明らかにした。

 トランプ氏は米朝首脳会談の場所については「未定だ」としつつ、6月に史上初の米朝会談が行われたシンガポールとは「別の場所になる可能性が高い」と述べた。

 トランプ氏は金氏について「率直に言って、非常にあけすけで素晴らしい」と称賛し、金氏が北朝鮮の非核化に前向きであるとの見方を示した。

 一方、文氏は記者団を前に声明を読み上げ、金氏が今月の南北首脳会談で「進展があった」とした上で、金氏からトランプ氏あての書簡を携えてきたことを明らかにした。

 文氏はトランプ氏に対し「金委員長はあなたに揺るぎない信頼と期待を抱いている」と語り、「この問題を解決できる人物は、正にあなたしかいない」とほめたたえた。

 韓国大統領府関係者によると、両首脳は、2回目の米朝首脳会談の日時や場所に加えて、韓国と北朝鮮が年内の実現を目指す朝鮮戦争の終戦宣言についても突っ込んだ議論をしたという。関係者は、終戦宣言に対するトランプ氏の反応は明らかにしなかった。在韓米軍の駐留費負担問題も取り上げられた。

 終戦宣言は、非核化の進展に向けて北朝鮮が米国に要求している「相応の措置」に当たるとみられる。

 米韓首脳は同日、再交渉を踏まえた改訂版の米韓自由貿易協定(FTA)の文書に署名した。米韓は今年1月、トランプ政権の要求を受けてFTAの再交渉を開始し、3月に大筋合意していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ