PR

ニュース 国際

【米中貿易戦争】中国に貿易戦争の影響じわり 慎重になる消費、景況感、株価

中国・上海市内の繁華街(河崎真澄撮影)
Messenger

 トランプ米政権が対中制裁の第3弾を24日に発動すると発表したことを受け、中国は「米国側による追加関税への固執は、双方の交渉に新たな不確定性をもたらした」(商務省)と反発した。米側に一歩も引かない態度を示し続けている習近平指導部だが、貿易戦争の影響は中国経済に表面化し始めている。米国との対立に収束の気配が見えない中で、中国経済へのマイナス影響がどこまで広がるか警戒感が増している。

 中国商務省は18日の報道官談話で、米国の制裁措置について「米側はこうした行為がよくない結果を招くことを認識し、信頼できるやり方で直ちに誤りを正すよう望む」と批判した。

 強硬姿勢を崩さない中国だが、貿易摩擦のさらなる深刻化は避けたいのが本音とみられる。拡大し続ける米国の制裁措置による悪影響が懸念されるためだ。

 実際に貿易戦争の悪影響は中国経済に「数字」として表れつつある。中国自動車工業協会が今月11日に発表した8月の新車販売台数は、前年同月比3・8%減の210万3400台と2カ月連続のマイナス。ロイター通信によると、協会幹部は「貿易摩擦が不確実性をもたらし、消費者をより慎重にさせた」と述べた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ