PR

ニュース 国際

【南北首脳会談】金正恩氏、サプライズ・パレードで歓待…文在寅氏、非核化迫れるか

平壌市内をパレード中に言葉を交わす韓国の文在寅大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(右)=18日、平壌(平壌写真共同取材団)
Messenger

 【ソウル=桜井紀雄】18日、平壌国際空港での歓迎式典を終えた韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長はそれぞれ別々の車両に乗り込んだ。ところが、文氏の宿泊先の百花園迎賓館に到着した際は、同じ車から降り立ち、金氏が文氏をエスコートして迎賓館に入った。

 道中、同じオープンカーに乗り換え、平壌市内をパレードする“サプライズ演出”が行われたのだ。花を手にし、沿道を埋め尽くした市民らが「祖国統一!」と大歓声を上げ、両首脳はそろって手を振り応えた。

 文氏は「平壌市民が熱烈に歓迎してくれる姿を韓国国民が見れば、感激するだろう」と金氏に伝えた。

 北朝鮮側は首脳会談が行われた党本部庁舎に韓国側取材陣も迎えて入れた。党の心臓部である庁舎の取材を許可するのは破格の対応だ。「わが民族同士」の結束を世界にアピールし、文政権を取り込もうという並々ならぬ意欲が浮かぶ。

 北朝鮮メディアは18日、文氏の訪朝を報じ、「新たな歴史を開く北南関係の発展を一層加速させる重大な契機になる」と強調した。

 韓国は南北関係の進展や軍事的緊張の緩和を会談の重要議題と見るが、国際社会は、金氏から非核化の具体的行動に向けた言質を引き出し、膠着(こうちゃく)化した米朝交渉の打開を導けるかの一点を注視している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ